読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masteries

技術的なことや仕事に関することを書いていきます.

「Software Design 8月号」に記事を書かせて頂きました!

...というわけで, 「Software Design 8月号」のGitHub特集に記事を書かせて頂きました.

ソフトウェアデザイン 2016年 08 月号 [雑誌]

ソフトウェアデザイン 2016年 08 月号 [雑誌]

今回自分が担当させて頂いたのは, この特集の4章の部分です. 3章までは具体的なGitやGitHubの使い方が主ですが, 4章では「実際に, 企業でGitHubをどのように活用しているか」について, 私が所属しているGaiaxの事例をもとに書かせて頂きました. GaiaxにおけるGitHubの導入の経緯や, その際に行った様々な施策, GitHubの利用ルールや権限周りの設定についてだけでなく, ReactioチームにおいてGitHubをどのように活用しているか, などを書いています.

GitHubだけではありませんが, 新しいSaaSやツールを企業やチームに導入するにあたっては, 単に「アカウントを用意しました!」だけでは不十分だと思っています. 新しいSaaSやツールの導入を推進するメンバーが, 「こう使うと便利ですよ!」とか「こうやるといいですよ!」という感じで, 率先して「そのツールがある状態」というのを周りに見せて, 啓蒙して, 巻き込んで, その結果として「そのツールがある」状態を会社やチームに定着させて, 最終的には「会社やチームの文化」にしていく必要があると思っています.

今回の内容は, あくまでGaiaxにおける事例ではありますが, 「自分達のチーム/会社でGitHubを入れる時, どうやって進めていこう?」という悩みに対する, 1つのアドバイスになればいいな, と思っています.


ちなみに, この特集, @neko_gata_sさんも担当されていて, そのお知らせブログがめちゃくちゃいい内容だったので, こちらも是非お読み下さい.

だから、もし今この文章を読んでくれてるあなたが、プログラミングが好きで、なおかつアウトプットすることに興味があったりコミュニティに興味があるんだけど、それでもなんか一歩が踏み出せない、なんて状態で悶々としてるなら(そうじゃないならごめんなさい)、心配せずにその一歩を踏み出してみたらいいと思います。

nekogata.hatenablog.com